赤身本来の味が楽しめるいわいずみ短角牛

赤身本来の味が楽しめるいわいずみ短角牛

最終更新日     694 pv

年間流通数200頭の希少な牛肉

岩手県岩泉町の広大な敷地で大切に育てられるいわいずみ短角牛。その数は日本にいる和牛全体の1%にも満たない希少な短角種。年間に全国へと流通するいわいずみ短角牛の数は、なんとたったの200頭の希少な牛肉です。

明治時代から続く伝統的な飼養管理

その総出荷数の半分以上の短角牛が飼われているのが、東北岩手県は岩泉町。
岩泉町では「夏山冬里方式」と呼ばれる飼育方法で短角牛を育てあげます。
夏は岩泉町の山の広大な放牧地で野草を食べ放牧され、たくさん運動させ、
冬は里の牛舎で清らかな水と豊かな土に恵まれた環境で、ストレスなくのびのびと飼育されます。

牛肉本来の旨みを持つ上質肉

大自然の中で運動させのびのび育てる事で、余計な脂肪をつけず、低脂肪で高タンパク、アミノ酸をたっぷり含んだヘルシーな和牛となります。
黒毛和牛が脂肪分の多い霜降り肉なのに対し、いわいずみ短角牛はしっかりとした歯ごたえがあり、風味がよくて柔らか上質な赤身肉となるのが特徴です。

9月26日 今日の献立

最新情報と時差がある場合がございますのでご了承ください。

《特》マグロと赤ピーマンのビピン丼

富士宮の栗と天然ホタテのチーズリゾット

階段ノ上ノ食堂は
「ちゃんと」したごはんを「ちゃんと」食べたい
一食を大切にする、あなたの為のごはん屋さんです

食へのこだわり »

店舗情報

階段ノ上ノ食堂
東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目2-7 2F(地図)
11:30~14:30(LO)
18:00~21:00(LO)
水曜定休
全席禁煙
ご予約について
採用情報

SNS

Pocket

Facebook