若狭 天然真鯛と蛤・菜の花の塩煮

若狭 天然真鯛と蛤・菜の花の塩煮

最終更新日     116 pv

いわゆる

『桜鯛』

といわれる時期よりも少し前の今が真鯛の身の味は一番美味しいとされています。

桜鯛の時期は、『婚姻色』と言われるように皮目の色が鮮やかになったり、獲れる量も増えたりするので、『旬』といわれるのでは、と思います。

しかし、その時期は、身の卵が大きくなり、その分、身の栄養も卵に使うようになり段々痩せていきます。

その前の今頃が卵に使うための栄養を身に蓄え、その意味で『旬』だと思います。

そんな鯛と桃の節句に因んでの蛤、そして、春な菜の花と優しいお味の塩煮に。

酒蒸しのように自家製のポン酢でどうぞ🎵

5月24日 今日の献立

最新情報と時差がある場合がございますのでご了承ください。

川奈 [特]黒ムツの煮付け

高座豚の《特》厚切りベーコンソテー&エッグ

階段ノ上ノ食堂は
「ちゃんと」したごはんを「ちゃんと」食べたい
一食を大切にする、あなたの為のごはん屋さんです

食へのこだわり »

店舗情報

階段ノ上ノ食堂
東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目2-7 2F(地図)
11:30~14:00(LO)
18:00~21:00(LO)
水曜定休
全席禁煙
ご予約について
採用情報

SNS

Pocket

Facebook